自家焙煎の珈琲を作り続けて30年。その技術と経験を一杯のコーヒーにこめて。

自家焙煎の珈琲を
作り続けて30年。
その技術と経験を
一杯のコーヒーに
こめて。

当店で使用しているこの焙煎機、富士珈琲機械製作所の直火式4キロ焙煎機です。通称「ブタ釜」と呼ばれています。構造は単純です。電源スイッチはついていません。コンセントの抜き差しで動かします。ガスもマッチで点火します。豆をふっくらと焙煎することだけを考えて作られた焙煎機です。三十年来の良き相棒です。

当店で使用しているこの焙煎機、
富士珈琲機械製作所の直火式4キロ焙煎機です。
通称「ブタ釜」と呼ばれています。構造は単純です。
電源スイッチはついていません。
コンセントの抜き差しで動かします。
ガスもマッチで点火します。
豆をふっくらと焙煎することだけを考えて作られた焙煎機です。
三十年来の良き相棒です。

銀色に輝くコーヒーミル、焙煎機より前から当店に鎮座しています。イタリアのミネルバ社のコーヒーミルです。特徴はコーヒーの微粉が出ないことです。微粉が多ければ多いほど珈琲の味は悪くなっていきます。国産のコーヒーミルで10%以上、ミネルバで6%です。
				このミルで挽いたコーヒーはスッキリとした味を保ちます。価格は国産のミル数台分でした。

銀色に輝くコーヒーミル、焙煎機より前から当店に鎮座しています。
イタリアのミネルバ社のコーヒーミルです。
特徴はコーヒーの微粉が出ないことです。
微粉が多ければ多いほど珈琲の味は悪くなっていきます。
国産のコーヒーミルで10%以上、ミネルバで6%です。
このミルで挽いたコーヒーはスッキリとした味を保ちます。
価格は国産のミル数台分でした。

店主の塩谷宗平こだわりの珈琲豆

コーヒーチャート アメリカンブレンド(甘味少なめ) ソフトブランド(甘味少なめ) モカブレンド(甘味:中)) ジャーマンブレンド(甘味:中) ササカブレンド(甘味:中) モカ・ルイガ(甘味:中) ドミニカ(甘味:中) ブラジル(甘味:中) コスタリカ(甘味:中) モカ・マタリ(甘味:中) ゲイシャ(甘未:中) コロンビア(甘味少なめ) グァテマラ(甘味:大) マンデリン(甘味少なめ) カフェ・ビタースイート(甘み少) ニューギニア・シグリ(甘味少なめ) フレンチブレンド(甘味少なめ) ケニア(甘味少なめ) カフェ・ビター(甘味少なめ) カフェ・スイート(甘味:大) カフェ・サワー(甘味少なめ)

カフェ・シリーズ(コーヒーメーカー用ブレンド)


コーヒーメーカーで美味しいコーヒーが作れないか?
そんなことを今年のはじめに考えました。

コーヒーメーカーのいけない所は
1)水が暖められ下のヒーターから上がっていく間に冷めてしまう
  →蒸らしが不十分
2)次に上がる水は熱すぎる→苦味ばかり抽出
3)熱いヒーターの上にコーヒー液が落ちる→沸騰して液が煮詰まり、酸化する
これら3つの欠点を治したり躱(かわ)したりして、最高とはいかなくても、最高の次に美味しい珈琲ができないかと考えました。

手持ちの豆をすべてコーヒーメーカーで試しました。
コーヒーメーカーに向かない豆をはねました。
向く豆をコーヒーミルで挽きを変え、程よい濃さになるように調整しました。
ストレートではその長所と同時に欠点も目立つので
二種類以上の豆のブレンドにしました。
これらの試作をするのに半年を費やしました。
家庭用コーヒーメーカー2台を使い200回以上の試作をしました。
根気のいる作業でしたけど楽しい試作でした。

お客さんの好みを考えて次の3つのブレンドを作りました。
どれもコーヒーメーカーでたてて美味しい、まずい味が出ないブレンドです。
カフェ・サワー(香りの良い酸味のブレンド)
カフェ・スイート(酸味と苦味のバランスが取れ甘みを感じるブレンド)
カフェ・ビター(おいしい苦味のブレンド)
カフェ・ビタースイート(ビタースイート(bittersweet=ほろにが)の名の通り軽い苦味を持ったブレンド)

市販のコーヒーで満足できない人。
コーヒーをハンドドリップでたてるのが苦手な人。
忙しくてたてられない、でも美味しいコーヒーが飲みたい人。

こんな人におすすめします。ぜひ一度お試しください。

商品購入はこちら→